動画編集ソフト VideoPadの使い方

動画の読み込みからトリミング~wmv書き出しまで

動画編集ソフトVideoPadの、動画の読み込みからトリミング、wmv書き出しまでの説明です。

動画などのメディアファイルをプロジェクトに挿入します。
1) 動画ファイルをフォルダからドラッグする。

2) 動画を動画トラックという領域にドラッグ

3) エフェクトのFXボタンをクリック

4) 「+」ボタンをクリックして、エフェクト一覧を開き、「切り抜き」を選択。

5) 選択範囲をトリミングする。

6) 小さくて、見えにくかったら、「画面表示→プレビュー画面を2つ表示」させる。

7) 比率を設定する 「4:3」、「16:9」から選択

8) プロジェクトを保存する。「ファイル→プロジェクトに名前をつけて保存」

9) 「ファイル→動画をエクスポート」

10) 「動画ファイル→wmv→作成」

以上で、動画が作成できました。
参考サイトさま:VIDEO PAD でトリミングを行う方法

トリミングで残された余白部分をどうするか

今の所、拡大縮小エフェクト、あるいは位置エフェクトで調整してみました。
位置エフェクトでは、余白部分は残った部分が黒く塗りつぶされたので、ぴったり画面にはまる、拡大縮小エフェクトの方を好んで使っています。

拡大縮小エフェクトで調整する

+マークから「拡大縮小」を選択、数値を調整する。

位置エフェクトで調整する

+マークから「位置」を選択、数値を調整する。

「文字を挿入」の時間設定はここから

1) 矢印をクリックして「時間」を選択。
2) 「長さを入力」で時間を入力する。

キーフレームを打つ

参考サイトさま:Videopad v4.50 動画エフェクト(キーフレーム⇒ベジェ曲線)使い方

編集が済んだので、整理してファイルを移動したい

ファイル→プロジェクトファイルをフォルダにバックアップ
または、
ファイル→移動用プロジェクトとして保存

プロジェクトに使われているメディアファイルも一緒にコピーされる。
このフォルダ全体で移動できる。
参考サイトさま:プロジェクトを完成させる – プロジェクトのバックアップと移動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする